About us

hina cosmeticsは日本特有の繊細さや品質の高さを活かしながら、韓国の斬新さやクリエイティブ性をMIXさせた日本発韓国コスメ。

 

「心地よさ」にこだわったコスメブランド
私たちは、120%満足ができるまでサンプルの改正やモニター調査、成分テストを繰り返し、「本当に良い商品ができるまで売らない」ことをポリシーに開発を行っています。商品は成分からテクスチャー、デザインなど細部のディテールまでこだわっています。その中でも特に、「心地よさ」がhina cosmeticsのこだわりです。
なぜなら、私たちが日々生活を送る中で無意識に選択しているのは「心地よさ」だからです。例えば、ホテルやレストラン。「もう一度行ってみたい」と思うのは「心地よさ」が共通しています。どんなラグジュアリーホテルでも「心地よさ」がないともう一度行きたいとは思いません。化粧品も同じことが言えると思います。高級品であろうが、プチプラであろうが、心地よく使えない化粧品は毎日使わないし、また買いたいと思わない。化粧品の「心地よさ」とは、例えば、発色の落ちにくさやテクスチャー、仕上がり、デザイン、コスパなど。私たちは、日々の生活の中でストレスがかからない「心地よい化粧品」を目指しています。
「まるで身体の一部のように自然に使える」
それが私たちの喜びです。

私たちは流行りの成分や新しい成分に固執せず、「それは本当に良いものなのか」「実際に使ってみて使いにくくないか」「お客様に満足していただける商品なのか」を大切にしています。

ただ可愛いだけのコスメではなく、「まるで身体の一部かのように自然に使える」そんな良質な商品を開発しています。

 

代表の言葉

ブロンドスローガンである"Define your aesthetics"には、「自分自身の美学を定義する」という意味があります。

コスメの仕事を始める前の私は自分自身に自信が持てず、見栄を張っていました。

もともと、物心ついた時から大好きだったコスメですが、コスメの仕事を始めてから、メイクがどんどん上手くできるようになり、メイクとの関係性、そして自分自身との関係性も良くなりました。コスメやメイクの事で人に褒められたり、頼られることが増え、自分自身に自信が持てるようになりました。

メイクは私にとって単なる飾りではなく、自分の内面や美学を現す自己表現であり、自分に自信を与えてくれるツールでもある。

SNSが発達した今の時代、自分を偽ることは簡単で、本当の自分自身に自信を持ちにくい。

だけど、私たちはそれぞれの美しさを持っています。

だからこそ、ありのままの自分を愛せる、内面から自信が湧く、そんな素晴らしいコスメが作りたかった。

「hinacosmetics」と出会って、コスメに興味を持つようになった!コスメがもっと好きになった!そう思ってもらえると嬉しいです。

そして、コスメを通して自分自身に自信が持てるようになったり、自分のことをもっと好きになるきっかけになれると嬉しいです。

 

代表取締役社長 hina